センチュリーハウス

センチュリーハウス

お客様の声

NO

8

VOICE

#079 I様邸

「今の住まいは私たちの憧れそのものです!」そのように語る旦那様のおっしゃる通り、Y様のお家にはたくさんの家族の思いが溢れていました。

Y様ご家族とZERO-CUBE MALIBUが編み出す、いつもの暮らしを拝見させてもらいました。

ZERO-CUBE MALIBUは、ご夫妻の憧れを実現。

Y様ご一家は、以前は賃貸のマンションで生活されていました。

 

娘さんが小学生になる時期に新築を建てたいという気持ちがあったそう。

 

 

「私も妻もバスケットボールやスケートボードが好きだったことと、海の近くで育ったこともあり、カリフォルニアテイストな家が憧れで。」と旦那様。

 

約5年間に渡り様々な住宅展示場を見ていく中で、実現したい夢の要件の全てを網羅していたのが、1番初めに見に行ったZERO-CUBE MALIBUだったそうです。

家を作るにあたり、その大半を旦那様に一任していたという奥様。

 

「ウッドデッキや吹き抜けの感じから色合いや雰囲気まで、ZERO-CUBE MALIBUは私たち二人の好みとぴったりと合っていたので、意見が食い違うことはなかったです」

 

そんな中でも、開放的で光に満ちたリビングが、奥様の一番のお気に入りの場所。

 

「明るいリビングにしたかったので、販売店の方に相談して自然光がふんだんに入るように調整をしていただきました。それから、ウッドデッキを延長して、お庭と一体感のあるデッキにしたのも工夫したポイントです。

 

大好きなリビングで、広い窓から見える空をぼんやりと見つめながらお酒を飲むのが、最高に幸福なひと時です!」

 

光あふれるリビングが心地よいY様邸。

愛犬のオレオくんは引越しの日に家族の一員となった。

自然光に包まれた明るいリビングは家族の集まる場所。

ご夫妻が一目惚れした開放感のある明るい吹き抜け。

多くの人たちと共に作り上げた住まい。

 

Instagramでの情報収集に力を注いで、家づくりに挑んだという旦那様。

 

他のオーナー様の画像や自分たちの感性に合った画像を1000枚以上収集し、ご夫妻の夢の住まいがZERO-CUBE MALIBUそのものだということを理解できた契機にもなったのだそう。

 

「世代が同じくらいの方々が、ZERO-CUBE MALIBUで充実した生活をしている様子をInstagramで見て、その生活スタイルに憧れました。Instagramは偽りがなくリアルなので、非常に参考なりましたね。オーナー様にコンタクトを取って、使用しているグッズなどの情報を教わったこともあります。

 

インテリアは販売店の方に仲介してもらった家具のお店で購入したり、様々な方にサポートしていただきました」と旦那様。

 

調和の取れたセンスの良いインテリアは、ご夫妻の共通の好みであるカリフォルニアテイストで整えられています。

 

Y様のお宅で特徴的なのが、部屋のポイントごとに施されたペイント。手描きの看板などを作製しているアーティストさんが描いてくれたのだそう。

 

「お世話になっている美容院のペイントもこのアーティストさんが手掛けていて、本当にスタイリッシュだなと感じて。新しい家ができたら必ず描いてもらおうと決意していたから、知人に連絡先を教えてもらって直接頼みました!」と旦那様。

 

家を建てることへの熱い思いを感じました。

 

「家を新築してからは近くに住む友人たちや祖父母を招いてホームパーティーをする機会が多くなりました。

マンションのときは人を家に招待することがほぼなかったのですが……。

ウッドデッキや庭でホームパーティーをすると、来ているみんなが喜んでくれます。それが自分にとっても本当に嬉しくて。

最近では、仕事を時間内に完結させて真っ直ぐに帰るようになりました(笑)今は家に帰ることが何よりの楽しみです!」

そのようにおっしゃる旦那様は、とても幸福そうな笑顔にあふれていました。

 


寝室のプロジェクターで大好きなアニメを観ている娘さんと愛犬のオレオ。



Instagramで見つけたオーナー様のアイデアを参考にしたキッチン前のマガジンラック。



バスケ愛好家の旦那様が選んだ壁掛け時計。



鍵かけホルダーはちょっぴりエッジの効いたデザイン。



エントランスでは、「HELLO」のペイントが来客を出迎えてくれます。



さりげなくオシャレなライトの下のペイント。

新しい家を持ったからこそ抱いた次の夢。

 

ご夫妻は、今度は愛犬のオレオ君用のドッグランをお庭に造作したいのだそう。バスケットゴールやサイクルコースも作り上げて、一家で楽しめるようなにお庭の手直しをしていくつもりとのこと。

 

「今の住まいは、ここまで支援してくれた方々に、お礼やお返しをするための空間だと感じています。

 

私たちの力量だけでこの住まいを作り上げることは不可能だったと思うので、かけがえのない人たちであるみんなが集う、楽しくて笑顔が絶えない空間にしていければと思います」と旦那様。

 

一家の思い出作りとして、YouTubeでお家について娘さんと共に発信していきたいという新しい夢もできたそう。

 

「家を新築するというのはなかなか大仕事だとは思いますが、重く考えすぎず、ラフに捉えたらよいのではないかと感じています。

 

家づくりをしたからこそ、マンションの時代には思いもしなかった夢や憧れがどんどん生まれてきたので。」と笑顔で話してくれた旦那様。

 

「今のお家を一言で言うと?」という問いに対して、

娘さんから「幸せファミリーのおうち!」というお答えが来たのも、強く印象に残りました。

 

周囲の人々への感謝の心が、お家に対する情熱にもつながっているのかもしれません。

 

これからもY様一家とともに続いていく、住まいの進化のストーリーが楽しみですね。