センチュリーハウス

センチュリーハウス

スタッフブログ

出水市 O様邸現場進捗状況⑤

こんにちは 川内店 渡口です。

 

出水市 O様邸も内部造作工事が終わり、クロス工事へ入ってきました。

 

雰囲気がガラリと変わると思うので、室内工事の大きな見所の1つですね。

クロスを貼ると言っても、ただ単純に貼れば終わり・・・ではなく、

 

 

上の写真をよく見てください。

 

クロスの下地である石こうボードには、「ボードの継目」や「ビス(ネジ)で固定された跡」が壁や天井の至る所に存在しています。

住宅の仕上に使用されるクロスは厚さ0.7mm~2.0mm程度ですが、その程度の厚さの材料で凹凸面の上からクロスを張ればどんな状態になるか…想像はつきますよね。

石こうボードのデコボコしている部分が、ダイレクトに反映されてしまい、クロスが浮いてきたり、押してみたら凹んだといった悲惨な事になってしまったり(^▽^;)

そうならないために、石こうボードへのパテかい、という作業が必要になるのです!

 

下地パテを施した写真です。

 

 

クロスを貼って・・・完成!

 

クロス貼りは住宅の出来栄えを左右する非常に重要な仕上工事です。

その仕上がりの出来・不出来は全てパテかいのクオリティに掛かっていると言っても過言ではありません!

 

上の写真の穴は何?

これは、ダウンライトを設置するために穴あけ加工しているのです。

 

内装工事の職人さんが黙々と作業をこなされていますが、天井クロスを貼る工程など大変な作業になります。

見ているこちらも首が痛くなりそうです。

地道に丁寧に作業をしてくださる職人さんのおかげで家は出来上がっていきます。

 

 

 

一部分のクロスを貼っただけなのに、今までの石こうボードの薄い黄色に慣れていたせいか新鮮に感じますね。

室内全てにクロスが貼られるのが楽しみです。

 

づづく