センチュリーハウス

センチュリーハウス

スタッフブログ

ちょこっとコラム インテリア~前編~

こんにちは、センチュリーハウスです。

今回の「ちょこっとコラム」のテーマはインテリアです!

その中でも、「色」についてのお話を少しだけ・・・

 

住宅のインテリア計画の進め方ってどうすればいい?

 

 

みなさん、自分好みのインテリアでまとめたいと思っているはず。

ところが実際、打合せの時に言われるのは…

■色の組み合わせ方がわからない

■この色の組み合わせであってますか?

インテリアのカラーコーディネートは色相とトーンの組み合わせによって印象が決まります!

 

例えば、「白」と聞いて、どんな色を想像しますか?

白は・・・白ですよね。

では、これはどうでしょうか。

「白いYシャツ」と「白い生成りのシャツ」

どちらも言葉で言えば「白い」シャツですが、

Yシャツのほうは、青みがかって冴えた白さのイメージ、生成りのシャツは、ややアイボリーで優しい白さを思い出しますよね。

 

このように、色には、同じ色でも青みがかった「ブルーベース」と呼ばれるグループと、黄色みがかった「イエローベース」と呼ばれるグループに分けることが出来ます。

私って何色が似合う?のパーソナルカラーと一緒ですね。

 

【参考写真】「ブルーベース」の青 (青みを感じる、青)と「イエローベース」の青 (黄色みを感じる、青)

 

 

イエローベースの中に、ブルーベースが混ざると、ちょっと違和感を感じます。

その逆も同じです。

 

 

この、なんだかちょっと居心地が悪いなぁという違和感は、インテリアにおいてはそのまま「なんだかしっくりこない部屋」につながります。

同じベース同士を組み合わせてあげると調和がとれてなじみます。

 

 

 

せっかく部屋全体をブルーベースで揃えたのに、そのラグやカーテンが、イエローベースかもしれません。

すぐに気づく違和感ではありませんが、何となく居心地の悪さを感じるはずです。

最初にベースを決めておくことがインテリア計画をスムーズに進めるポイントになります。

 

もしもブルーベースでコーディネートしようと思っているのなら、

 

イエローベースになっている家具などをチェンジして…

 

このようにコーディネートしたほうがしっくりきます。

しかし、どんな色の組み合わせでも「間違い」ではありません。

素敵なインテリアを目指すなら、少しだけ色の組み合わせを気にしてみてはいかがでしょうか。